ナッジ(Nudge)とメール配信

行動経済学、経済は勘定で動く

行動経済学にナッジ(Nudge)という言葉があります。ナッジには「肘で軽くつつく」や「背中を軽く押す」といった意味があるのですが、行動経済学においては、相手が「大きな変化や強制を求められている」と…

メール配信はなぜ失敗するのか

メール配信を活用してマーケティングをしているのに全然売り上げが変わらないと嘆くことはよくあります。メール配信をすればすぐに顧客が増えると踏んでかなりの予算を投入した場合には痛手になるでしょう。この…

メール配信とアンケート、そしてキャンペーンの在り方

宣伝効果や利益率を上げるために

もしも効果的な宣伝を行ったり、利益率アップを目指したりしているなら、メールを活用する方法がおすすめです。なぜなら、スマホもしくはパソコンを通して、お得な情報を得たいと考えている方はとても多いからです。そのために、定期的にメール配信を行うことによって、新たな顧客を獲得したり、大幅に利益を上げたりすることは可能です。最もおすすめしたい手段として、アンケートが挙げられています。手持ちにあるスマホやパソコンをクリックするだけですから、とても手軽です。利用者が参加しやすいために、有効な回答を得られる確率は高いです。さらに、キャンペーンを行うことによって、事業に対する注目度が高くなります。お得感満載なキャンペーンを心がけましょう。

さらなる有効手段とは何か

より効果的なメール配信を行いたいなら、いくつかのポイントがありますので把握しておきましょう。おすすめしたい有効手段として、件名やキャッチコピーを工夫することが挙げられています。一目で情報が分かるような件名やキャッチコピーならば、メールに興味を持たれやすくなります。また、不快に思われない程度に、絵文字などを使うことも大切です。デザインを工夫して、視覚に訴える方法は効果的です。さらに、行動経済学であるNudgeを参考にする方法も有効です。専門性の高いスペシャリストに依頼して、アンケートの結果を分析してもらいましょう。参加者の嗜好や趣味などが分かりますので、効果が高いキャンペーンを実施することができます。

メール配信によるビジネスの効率化、受注から決済まで

クレジットカードやビットコインに代表される仮想通貨などにみられる、フィンテックと呼ばれる最近のIT技術の発展により、新たな決済方法、消費、経済活動が台頭しています。以前からビジネスで使われているメール配信も、ただの広報宣伝としての役割だけではなく、その先にある受注から決済までの動きまでを誘導する手法へと発展しようとしてます。

なぜ今フィンテックなのか、メール配信との相乗効果を考える

金融と情報技術を融合したフィンテックは、メール配信との相乗効果も期待できる技術革新です。暗号化されたデータを不特定多数のサーバーで管理することで、改ざんや不正も見破りやすくなります。サーバーの一つ…

1本のメールだけで受注するには

メールを1本送るだけで受注することは可能です。しかし、そのためにはピンポイントで狙い撃ちにする必要があります。すぐ欲しい人へ、買いたい商品の情報を送ることができれば、1本のメールで買う確率は高いで…

メールから決済までの流れと利点、および問題点について

メール配信を業者に依頼するときにはプランをまず確定します。業者によって用意しているプランには違いがありますが、期間として単発か定期契約かを選ぶことが可能です。また、メールの内容の作成や校正を依頼す…

メール配信で仕事の効率化!

メール配信とはパソコンなどのe-mailアドレスにメールの配信システムを用いて、電子メールを送ることを言います。主に販促やマーケティングなどの企業戦略に用いられます。