なぜ今フィンテックなのか、メール配信との相乗効果を考える

低コストながら迅速にサービスを提供できる


金融と情報技術を融合したフィンテックは、メール配信との相乗効果も期待できる技術革新です。暗号化されたデータを不特定多数のサーバーで管理することで、改ざんや不正も見破りやすくなります。サーバーの一つがダウンしても、他のサーバーでデータを補完できるのが特徴です。受注から決済までカバーし、メールの取引が中断される心配もありません。顧客が求めている機能に特化することで、低コストでありながら迅速にサービスを提供できるのが魅力です。細かい改善を繰り返していけば、ビジネスの効率化にもつながります。改善できる点がないか、業務を様々な視点から検証してみることも大事です。宛先リストはこまめに更新しておきましょう。

顧客を絞れば配信効率も上げられる


メール配信を続けていくことで、なぜ今フィンテックが重要なのかも分かってくるはずです。顧客との信頼関係を構築するためには、一人一人に合ったメールを配信しなければなりません。誤字はもちろん、文法や変換のミスをなくしていくことも大切です。間違いだらけのメールでは、ブランドのイメージも損なわれてしまいます。しばらく反応がないアドレスは、引き続きメール受信を希望するか確認しておくのもおすすめです。反応が期待できそうな顧客を絞ることで、メールの配信効率も上がります。トラブルが起きていないか常に確認し、未然に防ぐ仕組みを整えておくことも大事です。問題はうやむやにせず、改善点を洗い出して業務に生かしましょう。

メール配信のサービスは、ただメールを送信するだけでなく、メールの開封数やURLのクリック率まで集計してくれます。