1本のメールだけで受注するには

ピンポイントで狙うことが重要


メールを1本送るだけで受注することは可能です。しかし、そのためにはピンポイントで狙い撃ちにする必要があります。すぐ欲しい人へ、買いたい商品の情報を送ることができれば、1本のメールで買う確率は高いです。そのためには、欲しいと思うタイミングを見計らって、メールをすることが大切になります。そのタイミングはどのように判断するかとうと、買い物の連鎖を想像すると分かりやすいです。例えば、高級な包丁を買った人は磨ぎ石を欲しくなることがあります。しかし、包丁を買ってすぐには必要ないかもしれません。切れ味が悪くなったときに磨ぎ石のメールがくれば、買う可能性は高いです。このように商品の用途を考えて、適切なタイミングでメールを送ると受注につながるでしょう。

情報を集めることが必須


メールだけで受注するには情報を集めることが重要です。どのような商品を買って、どのような商品を見たのかなどの情報を集めると行動が予測できます。行動が予測できれば、次に提案する商品の参考にすることができるでしょう。このような情報がないままに闇雲にメールを送ったとしても、購入につながることは少ないです。欲しいと思った商品を買うのであって、興味がない商品のメールがきても、無視するでしょう。そのため消費行動につながる情報は必要になります。できる限り詳細な情報があると、行動予測が正確になるでしょう。このようにメールを送る前に消費者の情報を集めることは非常に大切です。詳細な情報により、メールだけで受注につなげられる可能性が広げられるからです。