メール配信はなぜ失敗するのか

ナッジについて知ろう


メール配信を活用してマーケティングをしているのに全然売り上げが変わらないと嘆くことはよくあります。メール配信をすればすぐに顧客が増えると踏んでかなりの予算を投入した場合には痛手になるでしょう。この際に失敗している原因としてしばしば見られるのが、メール配信の意味を理解せずに使っていることです。メール配信の目的は基本的にはナッジなので、もともと興味を持っている人にしかあまり効果がありません。ナッジとはそっと肩を押すような動作のことで、マーケティングでは商品やサービスの購入を迷っている人の後押しをして購入させることを意味しています。この考え方に沿ってメール配信を行わないとマーケティング効果が上がりません。

ターゲッティングが大切


効果の高いメール配信を行うためにはターゲッティングが大切です。メールの内容はターゲットにした顧客が買いたいと思ってくれるようにデザインすることになります。文章の使い方やレイアウト、メール全体から受ける印象といった部分でもターゲットに応じて変更しないとそもそも読もうとしてくれません。そして、読んだ上で買いたいと思うようなインセンティブがないと意味がないでしょう。このメールをクリックして購入すると、いつまでならこのような特典がありますという内容を盛り込むのは効果的です。しかし、その購入期日や特典内容はターゲットに合わせて変更しないとあまり効果が上がりません。まずはターゲッティングをした上でメールの内容を熟考しましょう。